スマートスピーカー音声認識デバイスの声はなぜ女性なのか?

こんにちは!ハイボイスです。

 

 

「OK、Google!」でおなじみの、クラウド型AI(人工知能)を搭載した

スピーカーの「Google アシスタント」のCMです。

 

近い将来、一家に一台スマートスピーカーと言われることも、あるかもしれませんね。

 

このような音声認識デバイスは、ますます発展し、進化していっています。

 

 

しかし、なぜ音声認識デバイスの声は、

ほとんどが女性の声なのでしょうか?

 

インディアナ大学のカール・マッドマン教授の人工知能の研究結果によると、

研究対象者である男女全員が、女性の声が男性の声に比べて、もっと温かみがあり、

親しみやすく感じるという結果が出ています。

 

おそらく、案内放送、ナビゲーションなどの案内音声に女性の声が

主に使われる理由も、上記の結果に伴うものでしょう。

 

人工知能音声認識デバイスが市場に参入し、アマゾン・マイクロソフトの市場調査結果も同様です

 

女性の声がより手助けとなり、信頼できる声だと感じられるという結果が出てきたようです

ここでさらに人工知能のスピーカーなど、

女性の声が使われる理由を3つご紹介します

 

第1、都市の騒音の中では、女性の声がよく聞こえる??

 

案内放送スピーカーナビなどが活用されているのは、主に騒々しい都市であり、さまざまな騒音が多くある所です

この時、女性の声がより、トーンが高いため明確に聞こえ、伝達力に優れていると言われています。

 

 

 

 

 

第2、女性の声で、より親しみを感じる

多くの人々は、子供の頃から母親と密接に過ごしてきました。

そのため母のような女性の声を、より暖かく感じ、より親しみやすく感じるということです

 

 

 

 

 

第3、初めて機械音が使用された時

主にパイロットが男性であったからである。

 

第3は、歴史的な話ですが、機械音が最初に使われ始めたのは第2次大戦時の戦闘機航法装置であったと言われています。

この時、主にパイロットは男性であったため、より聞こえやすく、女性の声を使用したとの事です

それ以来、現在に至るまで、人工知能のスピーカー音声認識デバイスが発達し、いまだに女性の声が主として使われているのです。

 

 

 

 

 

このような諸説ある理由から、女性の声は感性に訴える事のできる、広報映像や広告に多く活用されています。

特に、最近では電子製品の広告の場合、有名な芸能人が登場するよりも、

女性ナレーターの説得力のあるナレーションが効果的で、温かみがあり、

親しみやすいナレーションを通じて、消費者の共感を得る広告が心に残るからだと言われています。

 

 

世界30カ国、300人以上のナレーターが在籍するハイボイスでは、

感性的な訴求力と、共感を高める魅力的な外国人ナレーターがたくさんいます。

 

 

 

TANA (ターナ)

(写真をクリックすると価格・音声サンプルが表示されます。)

 

今回ハイボイスがおすすめするナレーターは、

イギリス人ナレーター、ターナです!

 

甘くささやくような優しい声は、聞くだけで心が和みます。

 

 

 

PASI(パシー)

(写真をクリックすると価格・音声サンプルが表示されます。)

 

アメリカの声優パシーは、柔らかい音色に

ナチュラルな発声が魅力的な声優です!


タナー、パシーの他にも、ハイボイスには

さまざまな魅力的な声の女性ナレーターが在籍しています^^

もちろん、男性ナレーターの魅力的な声もお聞きいただけます!

 

お気軽にお問い合わせください。

 03-6667-4366

 hi@hivoice.jp

ラインQRコード

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です